アイスランドのヨーロッパ旅行情報認証システム

アイスランドETIAS – アイスランドのためのヨーロッパのビザ免除

iceland-1179227_640

新しいETIAS旅行許可システムはまだ正式に開始されていません。

E.U委員会はそれを承認しましたが、それが義務化される前にさらなる承認が必要であり、2020年の初めまで実際に開始する予定はありません。訪問者は、テロ攻撃や移民と難民の急な移動など、ヨーロッパが直面しているいくつかの安全保障上の問題を減らすことが期待されます。

これにより、欧州当局は今までに到着する前にビザを取得する必要のないすべての訪問者を審査することができ、オンラインで行われる申請は、犯罪行為を行った者をデータベースに照合します。

アイスランドがシェンゲン(Schengen)の一部である場合、なぜアイスランドのETIASビザ免除が行われるのか?

アイスランドはE.Uのメンバーではないが、ノルウェーやスイスのようないくつかの他の国のようなシェンゲンゾーンのメンバーです。シェンゲン諸国には、誰が入国できるか、滞在できないかについての規則と滞在期間が同じであるため、アイスランドは他のシェンゲン諸国と同じETIAS規則を持つことが予想されます。つまり、アイスランドを最初に訪れ、ヨーロッパのどこかに飛ぶ場合は、レイキャビク(Reykjavík)に到着する前にETIASが必要です。パスポートが90日間の最長滞在のためにスタンプされたら、その期間内に他のシェンゲン諸国を訪れることができます。

アイスランドの魅力について

アイスランドには火山国ならではの豊かな自然とオーロラや氷河などで広大な自然があり、世界平和度指数ランキングが世界第1位という治安の良さです。国土の11%が氷河に覆われている国でもあり、大自然の広大さが目の前に広がります。異世界のような非日常な自然光景を見ることができます。アイスランドの観光スポットの多くは海沿いに位置しています。

アイスランドへの入国にETIASが必要か?

アイスランドがシェンゲン地帯の一員として滞在している限り、他のシェンゲン国と同じETIASルールを継承します。ETIASを申請する必要があるかどうかは、国籍に依存します。アイスランドを含むヨーロッパ全土を自由に移動することができます。非E.U.市民は2つのグループに分かれています。最初のグループには、北アメリカ人、オーストラリア人、そして今まで何もしなくても、短期間訪問するためにヨーロッパに到着するまで何もしなくても、有効なパスポートを持っている人が含まれます。これは、2020年の初めにETIASの承認を申請する必要があるグループです。