ETIASの申請が必要な方

日本を含む全てのETIAS対象国の方が観光や商用でビザなしでEU ETIAS対象国に渡航をする場合、欧州渡航情報認証制度(ETIAS:エティアス)を取得することが義務づけられる予定です。

日本国籍の方の場合、各ヨーロッパ諸国へ入国するにはビザの申請は不要でしたが、新システムETIAS(電子旅券認証システム)の導入に伴い、ビザ免除国の全ての旅行者は2020年初頭からETIASの申請が必要になります。

渡航前の72時間前に申請を終わらせる必要があり、申請はオンラインフォームへパスポート情報や、その他の渡航情報を入力します。

成人の申請は、手数料を支払いますが18歳未満の未成年の場合は手数料はかかりません。

シェンゲンビザを必要としないビザ免除国の方は、2020年から導入されるETIAS(電子旅行認証)が必要になります。

また、シェンゲン協定参加国が2020年までに増える見込みもあるため、情報が随時更新される場合があります。