ポーランドのヨーロッパ旅行情報認証システム

ポーランドETIAS – ポーランドのヨーロッパビザ免除

banner-2025449_640

ETIASが公式になると、いわゆる「ビザ免除」国の市民であれば誰でも取得が義務付けられます。これらは世界中の60の他の国で、市民は現在ビザ申請を通じた点検や審査を受けることなく、ほとんどのヨーロッパを訪問することができます。アメリカ人の場合、現在ポーランドや他のE.Uを訪問するためにビザは必要ありません。 2020年初頭にETIASのビザ免除を申請する必要があります。

車で国境を越えて陸路で入国した場合も、フェリーに乗って海路で入国しても、ETIASの承認のために事前に(少なくとも72時間前)申請して手数料を支払う必要があります。取得後、許可された場合は、5年間は再申請する必要がありません。

シェンゲンのポーランドとはどういう意味か?

ポーランドはシェンゲン(Schengen)とE.Uの両方にあります。 2つのグループの国はほぼ同じ構成だが、シェンゲン協定は国境を越えるものを規制するだけで、それらは貿易、慣習、環境などのヨーロッパ人に関わる多くの事柄です。ポーランド人は、他のシェンゲン国に行って、旅行、生活、仕事をすることができます。彼らはまた、シェンゲン、E.U以外のいずれかに行くことができます。

彼らがシェンゲンのブロックに行く前に “シェンゲンビザ”と呼ばれるものを必要とする、ビザ免除国以外の世界中の多くの人々がいます。最初のシェンゲン国境管理所でパスポートが押印されたりチェックされた場合、合計で90日以内の滞在であれば、他のシェンゲン国に行くことができます。ETIASは、米国、日本、オーストラリアなどのビザ免除国の国民へ適応するように設計されています。

ETIASを申請する必要があるのは誰か?

ETIASはまだ義務化され、正式稼働していません。

2020年初頭からのみ有効であると予想されています。これは、シェンゲン諸国26ヵ国すべての国境に設置されなければならない構造がたくさんあるためです。最近参加した新しいシェンゲン諸国のいくつかは、ベルギー、フランス、ドイツのように、洗練された国境と移民プロセスと構造を持っていません。

ETIASが導入されると、影響を受けるのはE.U.ビザ免除国のシェンゲンパスポート保持者。つまり、現時点でビザは必要なく、欧州を訪問することはできますが、ヨーロッパのパスポートを持っていない場合は、ポーランド訪問のためにETIASの認可を申請する必要があります。