マルタのヨーロッパ旅行情報認証システム

マルタETIAS – マルタのためのヨーロッパのビザ免除

banner-2024835_640

今年は、E.U以外の多くの航空会社の新しい旅行規則について、多くのニュースがありました。

米国およびカナダのビザ免除制度を既にモデル化した旅行情報認証システムはETIASと呼ばれています。 ETIASの取り決めは、来訪予定のヨーロッパ訪問者が到着する前にオンラインフォームに記入し、少なくとも72時間前に申請する必要があることを意味します。このアプリケーションは、18歳以上の人には手数料がかかり、18歳以下は無料で申請できます。

ETIAS承認されると、訪問者はシェンゲンの国を訪問することができます。1人1回の申請は、5年後に再度申請しなければなりません。しかし、ETIASは2020年初頭まで義務化されることは今のところありませんので、ただちに申請を急ぐ必要はありません。

ETIASはE.Uのためのものか?

マルタはシェンゲン(Schengen)とE.Uの両方であり、シェンゲンのほとんどの国と同様です。両方のグループのルール間には多くの重複があり、とても複雑になっています。

基本的に、主な違いは、シェンゲン協定はETIASシステムのような国境整理にしか関係していないことです。 これはE.U.移民のルールだけではないことを指します。

ヨーロッパ以外の国でシェンゲンの国を訪れたい場合は、ETIAS申請する必要があります。 現在のところ、ETIASがE.U.の国民に適応される可能性は低いようです。

マルタはETIASが必要か?

国籍により異なりますが、マルタへ直接飛んで、E.Uによって発行されたパスポートを持っていない場合は必要になります。またはシェンゲンの場合は、ETIASの許可(2020年以降)またはシェンゲンのビザが必要です。

主にE.Uへの入国へビザが免除されている国の方々がETIASの申請対象になるということです。

マルタ(またはシェンゲンのどこにいても)に入国するためにビザを必要としない市民は現在、約60の国があります。これらの国のひとりであれば、シェンゲンビザが必要か、将来的にはETIASが必要かどうかを確認することができます。