ルクセンブルグのヨーロッパ旅行情報認証システム概要

ルクセンブルグETIAS – ルクセンブルクのヨーロッパビザ免除

luxembourg-162345_640

ルクセンブルグETIASの導入が進行中です。ルクセンブルグは、E.Uの最も古いメンバーの1つで、それと同時にシェンゲンのメンバーでもあります。ヨーロッパはここ数年で非常に頻繁に起こったテロ攻撃から混乱しており、セキュリティを改善する方法についての継続的な議論が行われています。
E.U.旅行情報認証システム(ETIAS)は、今までヨーロッパでビザを必要としていない何百万人もの訪問者が、ヨーロッパ到着の72時間前に自分に関する情報をE.Uへ登録していなければならないことを意味します。当局は渡航者をオンラインアプリケーションを参照し、データベースに対して名前やその他の情報をチェックします。

ETIASは少なくとも3年間は稼働しないだろうという議論の半面と、E.U.委員会は最近、2020年初めまでに運営すべきであると発表しました。

ルクセンブルグはシェンゲンの一部とはどういう意味ですか?

シェンゲンとE.Uの違いは、特にヨーロッパに精通していない人にとっては多くの混乱を招くでしょう。 2つのグループは分かれていて、シェンゲンは国境のルールに従順しています。ルクセンブルクのようなシェンゲン協定に署名したすべての国々は、相互に同じ移民規則を持っています。シェンゲンの国の国民は、他のシェンゲンの国では自由に移動でき、シェンゲン以外の国の規則は各国で同じです。 シェンゲンにはいくつかの国しか存在しませんが、同時にE.Uには存在しないということになります。 (ノルウェーとスイスは2つの例です)。

ルクセンブルクの有名な場所はどこか?

旅行者のほとんどの人がルクセンブルグを通過するか、空港に到着し、一晩滞在してから移動する傾向があります。ルクセンブルクの街自体が崖の上にあり、素晴らしい景色を眺めて過ごします。市内の多くの歴史的建造物は世界遺産に登録されています。

都市自体は活発な場所ですが、ほとんどのルクセンブルク居住者は周囲の田舎に住んでいます。これは非常に魅力的です。ルクセンブルクは、フランス、ベルギー、ドイツの間にあるように、興味深い歴史が融合しています。

ルクセンブルクの最も有名な聖人が埋葬されているエチナッハッハ修道院の大聖堂を持つエッハタナッハの旧市街をはとても有名です。

ルクセンブルクはETIASが必要か?

現在、あなたがE.Uまたはシェンゲン市民、もしくは今までにシェンゲンビザが必要な旅券所有者出会った場合、これらの2つのグループの誰もがETIASの影響を受けるかもしれません。影響を受ける人は、カナダ、米国、チリやアルゼンチンなどのラテンアメリカ諸国に住む人々です。これらの人々だけでなく、世界中の多くは、間違いなく近い将来、ETIASが正式稼働した事前に申請する必要があります。簡単なETIASアプリケーションでは安価な手数料しかかかりませんが、発行後5年間は有効になります。