イギリスはEU離脱(Brexit)後、ETIASの申請が必要

2020年から制度運用開始予定のヨーロッパ渡航に必要なETIAS(欧州渡航情報認証制度)だが、
イギリス人旅行者もBrexitの後、他のEU圏外の諸外国と同様にETIASの申請が必要になりそうだ。

導入予定のETIASの制度は欧州連合(EU)以外の国からの旅行者は、欧州連合(EU)の安全を守るため、インターネット上での電子申請フォームにパスポート情報やそのた個人情報を記入して5ユーロを支払わなければならないと提案されている。

ETIASは米国のESTAをモデルに設計され、EUへの訪問者は旅行の少なくとも72時間前にオンラインで事前に申請することが推奨されます。

このETIASの導入は2020年の予定であり、その頃には英国はEUを離脱する可能性が高い。シェンゲン(Schengen)圏外のメンバー国であるアイルランドは、手数料を免除される。

国家統計局によると、イギリス人の人気渡航先としスペインが最も人気のある観光地で、その後フランスが続いた。これは地理的にも近いのが影響しているだろう。数多くのイギリス人がEU圏へ渡航する状況の中、このEU離脱にてEUへ渡航するにはETIASが必要となる。欧州旅行認
ETIASの計画は元々EU連合内で協議されていたが、パリとブリュッセルでのテロ事件が発生したことで警察体制とEU間の情報共有の欠点を露呈した後、ETIASの導入の需要は高まった。